乾燥に負けない、うるツヤヘアーのつくり方

乾燥が気になるこれからの季節、、、肌の乾燥に気をつける人は多いですが、
髪の毛の乾燥対策をしていない人って結構多いんです。でも、知っていますか?
夏の紫外線でダメージを受けた髪をそのままにしておくと、パサパサヘアーの原因になるんです。
髪の毛の乾燥対策、手遅れにならないうちにはじめましょう!
ということで、今日は誰でも自宅でできるヘアーケアをご紹介します。

 

週1のトリートメント

シャンプーの後、タオルドライした髪にトリートメントをつけます。この時、くし等を使うと髪全体にトリートメントがいきわたるので、おすすめです。特に気になる毛先は念入りに塗りこみましょう。そのまま、5〜10分放置します。余裕がある時は、ホットタオルや、シャワーキャップをかぶると効果は2倍です。

 

頭皮マッサージ

元気な髪の毛を生やすには、頭の血流をよくすること!頭皮が固いと、髪に栄養がいき届きにくくなります。
特に頭皮を前後に動かす動作は、普段の生活では中々ないので、育毛剤を使いながら、頭皮を前後ゆっくり5往復しましょう。

 

乾かす前にもトリートメントを

ドライアーの熱でも髪は傷みます。濡れた髪は、とても繊細です。トリートメントは絶対につけましょう。種類があってこまる〜という方には是非オイルタイプをオススメします。この時に特に乾かして欲しいのが後頭部!毛先にはそんなにドライアーをあてなくてもいいです。後頭部を乾かすのって結構大変なんです。ここが生乾きだと、菌もたまりやすくなって、頭皮の臭いの原因にもなります。後頭部は念入りに!

 

以上、3つのケアを普段の習慣に組み込んでみて下さい。髪を気にかけるということだけでも、あなたの髪はどんどんうまれ変わります。乾燥に負けない、うるツヤヘアーをゲットしましょう!

 

PR:通信制高校の資料請求ができるサイト
便利な一括資料請求はこちらのサイトから!

 

若白髪の原因とは一体?

若いのに白髪があると気になりますよね。白髪が目立つと、髪を綺麗に染めても、おしゃれなヘアスタイルにしても、周りの目が気になってしまいます。そこで今回はそもそも何故若いのに白髪が生えてしまうのか説明します。

 

若白髪の原因

 

若白髪の原因として「遺伝」が良く挙げられますね。両親のどちらかが若白髪であれば、子に遺伝することは十分にあり得るそうです。

 

しかし、遺伝による若白髪はごくわずかな例であるとの声もあります。遺伝とは関係なく若白髪になる人が近年増えています。では、遺伝以外にどのような原因が考えられるのでしょうか。

 

ストレスや生活習慣、無理なダイエットによる栄養の偏りが若白髪の原因として挙げられます。特にストレスは、髪に大きな影響を与えると言われています。

 

ストレスは、自律神経を乱す原因となります。自律神経が乱れると頭皮付近が血行不良となり、毛根が栄養不足状態となり、白髪となってしまうのです。

 

 また、若い方々でありがちなのが、生活習慣の乱れです。白髪に関係する生活習慣とは、栄養不足、睡眠不足、精神不安、運動不足などが考えられます。現代の日本では、コンビニの商品やファストフードを日常的に食べる人が増えています。

 

食生活に関しては、カロリーは足りていても、栄養不足という人は多いのではないでしょうか。特に食品添加物を多く含んでいる食品は、栄養素の吸収を妨げ、白髪の原因となってしまいます。健康的な身体作り、生活作りが若白髪を改善するためには必要不可欠なのです。

 

PR:リダーマラボ

乾燥肌におすすめ!美容成分でできたクレンジングゲルの体験談・口コミはこちらから